土慈大壱(つちじ だい)のトレードで生きていく!

仕事をしながら2004年資金80万円で本格スタート!
途中何度もつまずきながら、2007年とうとう夢の100倍達成!!L(@^▽^@)」
トレイダー土慈大壱(つちじだい)の日々のつぶやきを聞いてください・・・。
<< むずいな | TOP | あほ >>
かがわぁ〜
0
      まずはぽちっとお願いします。
     blogrankingu

    まずは、昨日のトレードから

    昨日は、ダウ様鬼の+200上げ+日経+260円のW上げ上げぱんち

    こんな時に限って、ショートまたも1億持越し!っと、思いきや、珍しくほぼノーポジ

    いつもの調子ならまず間違いなくオール売り勝負とかいってたのですが、相場のリズムと合ってないと感じ、控えていたのが功を奏しました

    と、言いつつデイトレで負け続けて

    火曜日−260,000円ぐらいでした。


    いい加減、全然勝てないのでいやになりつつ本日迎えるw

    今日も引き続き持ち越し株は、ほぼ無しだったのでデイトレちくたく。
    ただ、海外でトレードしているので、回線速度は激遅

    しかしながら、パイオニア、パナソニック、三井不動産、中部電力、等々を小ロットでトレードして、ほぼ全勝で


    本日+250,000円ぐらいでした。


    うーむ。。勝っては負け勝っては負けの繰り返し。自分でトレードしててこれ一番生産性の無いトレードをしてると痛感 
    本日の注目といえば、台湾企業と資本提携を発表した、シャープ!
    本日+75円のストップ高

    この銘柄といえば、増資の噂もちらほら聞こえ、同社をショートで、他の銘柄をロングでトレードされてた方も多いと思う。その中での、この突如のサプライズニュースは、えぐすぎますなw
    ほんまに、株って、買いにしても、売りにしても、ホールドする時間が長ければ長いほど、リスクの範囲も広がりますね。唯一もの救いは、本日権利落ち日だったので、売り方さんも配当払うの嫌だった方は、逃れた感

    しかし、日本の象徴であった、製造業の凋落ぶりが半端ないですね。ここまで日本を支え、栄えさせてくれたのは、全てこの製造業のおかげだと自分は思う。それこそ、人生をかけて、血を吐きながら、先人達が頑張ってこられたおかげで、今の日本があり、自分らはいると思う。
    劣勢な状況ですが、何とか合併なり、アップルのように世界が驚くような新商品をだすなりして、がんばってほしい

    これ余談なんですが、たまにしたり顔で日本の製造業は終わっただの、日本はダメだと言ってる口だけ番長は、鬼の卍固めOK?w
    確かにね、日本の製造業は下降線にはいってると思う。それは誰の目から見ても明らかだと思う。
    しかし、(上記の文章と似てるのですがw)、今の日本があるのは、すべて製造業に殉じてる方が、世界一の良質な製品を作り、結果、「メードインジャパン」が世界に響き渡り、外貨を稼ぎ続けてきたおかげ。
    振り返れば、トヨタ問題の時も、アメリカの自国車を売りたいが為のただのいちゃもんだった。
    それを、日本のあほメディアは、こぞってトヨタは調子に乗りすぎていただの、ダメだと根も葉もないことまで報道する始末。
    そんなときこそ、政府が間に入り、日本の誇るトヨタのバックアップをして欲しかった。

    そりゃね、スポーツだろうと、仕事だろうと、時には落ちるときもありますよ。
    しかも、世界グローバル化が進み、安い人件費を求め多くの工場が、いわゆる後進国と言われている国に移っている状況ではなおのこと。
    でもね、そんな時こそ、自国の国民ぐらいは文句をいうんじゃなくて、「どうすればいいのか?」、「活路は無いのか?」とか、ただディスするのではなく、建設的な話しが出来るようになってほしい。

    そすて、一人でも多く色々な分野で世界をうならせる日本人が出てきて欲しいです
    この香川選手のように

     

    いやはやそれにしてもこの活躍は凄すぎる。世界主要リーグのしかも、トップチームでここまで活躍している日本人は、今までいなかったですね。
    海外、特に、ヨーロッパではサッカーの歴史が深く、選手の位置づけ、ステータスがとても高い。その中で、アジアのサッカー後進国と言われていた日本からここまで活躍する人が現れるなんて凄すぎるぅぅうう。しかも、まだ、ちょっと忘れられ気味ですが、23歳のオリンピックエ−ジ
    本線での、香川、宮市、清武の魅惑のトライアングルが今から楽しみで仕方ないです

    モチベーションアップの為クリックお願いしますm(_)m   
    blogrankingu
    | デイトレ | 17:15 | comments(5) | - | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    お疲れ様です。日本の製造業は確かに見通しはあまり明るくないですね。円高、法人税、人件費の安い新興国との競争、マーケティング下手、ガラパゴス化、若者の理科離れ、等々色々考えられますが、やはり価格競争に巻き込まれにくく尚且つ市場ニーズも高い高付加価値の製品を作り続けていく以外にないのでしょうかね。日本はダメだダメだと言われますが、中国にしても韓国にしても日本から部品を購入しなければ製造業は成り立たないわけで、特に韓国は作れば作るほど日本の部品を輸入しなければならず、対日赤字が拡大するという構図ですしね。だからこれらの国ではその構造から脱却しようと、以前からそうでしたがヘッドハンティングなどで日本から技術者を引き抜いて技術を盗んで、自国で部品供給できるようにしようとしてますね。ですからこういう日本の技術者を冷遇したり、悪し様に罵るような言動は謹んでほしいですね。そんなことをすれば益々日本を見捨て海外に技術者が流出してしまうだけですしね。最近はよく、日本はもう自国では研究開発や設計だけして、製造はすべて海外でやらせるファブレス化を徹底すべきだという意見がありますが、こういう傾向は国防の観点からも危険だと思いますね。製造業は防衛産業と関係が深く、自国で武器を作れないと、輸入するしかなく、そうすると常に武器輸出国によって、コントロールされ決して優位には立てません。購入から一定期間経過後に武器のソフトウェアをストップできるようなこともよくあることで、武器輸出は立派な国防・安全保障戦略です。それに特に中国に進出している製造業社はよくよく気をつけないといけません。現地の日本人技術者から兵器開発に繋がる基幹技術を盗みだそうと、ハニートラップや脅し、盗聴など様々な手法で狙われていますし、それが行く行くは日本に対する脅威に直結するわけですからね。それに中国には国防動員法や中国民事訴訟法231条という恐ろしい法律があり、中国国内の製造業は、一旦中国側が日本と有事が発生したとみなせば、人質同然の事態になりかねません。ところが日本のマスコミはこれらの法律の恐ろしさを一向に報道しないので、製造業の社長さんや従業員もほとんど知らないようですし、ただ単にモラルがどうのという次元お話ではすまないのですが、どうも楽観的に考えている人が多いようですね。せめてもう少し円安になって法人税を下げるぐらいのことをして、もっと技術者が尊敬されるような土壌にしないと、偏差値が高ければみんな医者になるというような風潮も少しおかしいと思いますね。まあ偏に教育でしょうね。とにかく日教組は跡形もなくなく消滅させないといけませんね。 それにしても今日の土慈さんの文面は日本への愛が感じられました。今年の一月下旬ごろブログで一騒動おありだったようで、中には心無い書き込みもあったみたいでつまらん輩はいつでもいますが、その時私はパソコンが壊れて丸五日パソコンなしだったので知らず後で見てみると、コメント数がすごかったですね。土慈さんはコメントへの返事を見ても律儀な方だというのはよく伝わるので、適当に手を抜いて気を楽にしつつがんばって下さい。長々と失礼しました
    | kengo | 2012/03/28 8:51 PM |
    海外へ行かれているんですね。
    うらやましいです。
    今回はどちらへ行かれているんですか。
    | あたろう | 2012/03/28 11:37 PM |
    海外へ行かれているんですね。
    うらやましいです。
    今回はどちらへ行かれているんですか。
    | あたろう | 2012/03/28 11:38 PM |
    お疲れ様です、KENGOさん!

    いつもながらKENGOさんの、見識溢れるコメントどうもありがとうございます。凄く分かりやすいですね。
    ちなみに、ワタスも驚くほどKENGOさんと同意見です。特に、○教祖のくだりは。
    歪んだ戦後教育で、日本人はあまりにも自国民のことを卑下しながら進んできたので、もうちょっと前向きになってほしいなと思っている次第です。
    ほんとに、今から生まれてくる新しい命の為にも、既存のぐちゃぐちゃした負の遺産はなるべく無くなればいいですね。
    この調子でいつまでブログを書き続けれるかわからないですが、こういったコメントは、ほんとに励みになります。
    それではー♪
    | 土慈 | 2012/03/29 11:57 PM |
    お疲れ様です、あたろうさん!

    またも、南国にきてまーす♪
    寒いのは基本苦手なもので^^;
    | 土慈 | 2012/03/29 11:58 PM |
    コメントする