持ち越し株は、相場の行方が依然ふにゃふにゃして、方向感がつかみづらいので、いつもよりロット小さめに、ロング2000まそに対して、ショートは5000まそ。

ロングは、ほぼ全て上昇で+10万ぐらい。

ショートは、とったり取られたりで−12万円ぐらい。

ザラ場のデイトレは、クボタ、大成建設、日立建機、その他のトレードで+5万円ぐらい。


本日+30,000円ぐらいでした。


いやぁ〜まぁ〜まぁ〜、収支書くの恥ずかしいぐらい驚愕にしょぼい内容で申し訳ないっす

個別銘柄では、日野自動車があまりにも上がりすぎだろうと600円近辺で大量に売ってたのですが、あまりの下がらなさに数日前にギブアップしたとたん、しっかり下げてくるし。

かといって大東建託なんて、日野自動車の教訓で絶対下がるだろうと持ってたら、全く下がらずで逆にマイナス喰らうし、シャープも歴史的水準の安さになってるのでちょっと狙ってたら、こちらはうんともすんとも上がらずで、銘柄毎の強弱の判断が難しいです。

こういった取りにくい相場では一旦、休むもありかもしれないですが、自分の場合はロットを調節したり、ホールドの銘柄数を控えたり、試行錯誤しながらブツブツいいながらでも、結局トレードする方選んじゃうんですね。
なんだかんだいいながら、相場が楽しくてしょうがないのかな?
いいときもあれば悪いときもあり。相場で笑って、泣いて、怒って、ほんと、相場、様、様の毎日なんですが、ちょっとでも、ほんとちょっとでも、「相場様」の気持ちを察することができるよう、誠心誠意お付き合いしていきたいっす


忘れずにぽちっとお願いします。
 blogrankingu